スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフレクソロジストの仕事とは?

リフレクソロジストの仕事とは?

リフレクソロジストの仕事は、どんな仕事か知っていますか?
音楽からグッズまで、「癒し系」がブームになっている現在、エステサロンの
ような、若い女性にもおしゃれな「癒しスペース」も増えてきています。


そんな中、注目を浴びているのが、「リフレクソロジー」です。
リフレクソロジーとは、簡単にいうと足裏などの特定部分(反射区、ゾーン)
を刺激して、全身の血液の流れを良くしたり、自然治癒力を
高める健康法のことです。


体の臓器や器官が、ある部分(足、手、顔、耳など)に凝縮、
反射投影されており、その部分を指で押すなどして刺激を与えれば
それと対応している臓器や器官の働きがよくなるという考えを
基にした「反射区療法」です。




反射区のなかでも、足は「第2の心臓」と呼ばれるように、とくに効果が
高いといわれています。


その足の反射区を刺激し、健康に導くサポートを行うのが
リフレクソロジストであり、それが仕事になるわけです。


足裏への刺激というと、足ツボマッサージに代表される東洋式の「痛い」
施術を思い浮かべる人も多いことでしょうが、私が資格を取得した
リフレクソロジーは、欧米式(または英国式という)と呼ばれるソフトタッチの
施術法となります。


日本で浸透している英国式を代表とする欧米式の多くは、日本人の足に合わせ
「痛気持ちいい」と表現させるように、やや力を強めにした施術法になっています。


さらに、リラクセーションの効果を高めるために、間接照明などやわらかな照明や
アロマの香り、ハーブティー、ヒーリング、ミュージックなどを一緒に用いて
五感に働きかけながら行われるのも日本のリフレクソロジーの特徴といえます。





theme : 資格目指してみますか。
genre : 就職・お仕事

- お得情報 -

検索フォーム

外貨預金との違い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。