スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油の抽出方法は?

精油の抽出方法は?

①水蒸気蒸留法

原料となるハーブを水と一緒に煮て、そこから取り出される蒸気を分離する。精油成分の多くは水に溶けないので、蒸気を冷却すると水と精油に分かれる。

精油の沸点は150度~350度であり、それ以下の温度で抽出するため精油成分を損なわずに採取できるという利点がある。

しかし、ローズ、ラベンダー、オレンジフラワーなどの水溶性の成分があるため、残りの水の「ローズウォーター」「ラベンダーウォーター」として利用される。



②圧搾法

オレンジやレモンなどの柑橘系の場合、果皮に近いところに油房がある。この油房の中に精油成分がつまっているので、圧搾することで効率的に抽出できる。

その際、果実を冷やしてから行うなど圧搾過程を低温で行うことで良質の精油が得られる。



③抽出法

熱によって芳香が変質するもの、精油成分が水に溶け出してしまうものなどは、以下の抽出法で行われる
(特に花から抽出する場合、成分が不安定で水に溶けやすいのでこの方法が採られる)。



④油脂吸収法

油脂には、芳香成分を吸収する性質がある。そこで、無臭処理した牛脂やオリーブ油などに花などを浸し、60~70度の温度まで熱して吸収させる。

これによってできた脂の塊をポマード(香脂)という。ポマードに高純度のアルコールを加えて精油成分だけの抽出液が

「エキストラクトで、このエキストラクトからアルコールを回収したものが最高品質の“アブソリュート”」と呼ばれる。




⑤揮発性溶剤抽出法

油脂の代わりに、石油エーテル、エーテル、メタノールなどの溶剤を使う方法。花の大量処理に向いており「アブソリュート」が抽出できる。

主にローズ、ジャスミン、カーネーション、スイセン、ヒヤシンス、バイオレットなど、希少性の高い精油に使用される方法。



※抽出方法


ハーブから、どのようにして精油成分を抽出したかは品質の信頼性を示す指標となる。合成物の場合、混ぜ合わせるだけで抽出されていない。

原料や抽出したい成分の性質ごとに、有効な抽出方法が確立されている。


※抽出部位


原料となるハーブは、花、茎(枝)、葉、樹脂など部位によって成分が違う。これも品質をチェックする上で重要な指標となる。








theme : 資格目指してみますか。
genre : 就職・お仕事

- お得情報 -

検索フォーム

外貨預金との違い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。